ミラブル正規販売店おすすめ10社を見る 

ケノンの照射レベルの目安は?効果が出やすく痛みがないやり方

ケノンの照射レベルの目安は?効果が出やすく痛みがないやり方

この記事では、ケノンの照射レベルの目安や効果が出やすく痛みがないやり方についてまとめています。

ケノンは照射レベルを10段階で調節できますが、どれくらいのレベルで照射すれば良いのかわからないという方もいると思います。

高いレベルで照射すれば効果は出やすくなりますが、部位によって痛みの感じやすさは違うので照射レベルの目安も違ってきます。

目安がわからず迷っている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

ケノンで痛みを感じる照射レベルの目安

ケノンを使ったことのない方はどれくらいのレベルで照射するべきか迷ってしまいますよね。

まず、ケノンはどれくらいのレベルで痛みを感じるのか照射レベルの目安を説明していきます。

痛みが無いのはレベル1~3

レベル1~3は痛みが無く、ほとんど何も感じません。

光っているのが目で見てわかる程度です。

痛みは無いですが、その分効果も低くなってしまいます。

お肌が非常に敏感な方はレベル1~3をおすすめしますが、そうでなければもっと高いレベルの方が効果は出やすくなるのでおすすめです。

少し衝撃が伝わるのはレベル4~6

レベル4~6になるとポコッというような少しの衝撃が伝わるようになりますが、まだ痛みはほとんど無い状態です。

照射をすると毛が焦げるような匂いがすることがあります。

脱毛効果はありますが、効果を実感するまでに時間がかかってしまうレベルです。

お肌が敏感ではない、普通肌の方はこのレベルで問題なく照射できると思います。

熱を感じるのはレベル7~8

レベル7~8になると熱を感じるようになってきます。熱は「温かい」と感じるレベルです。

レベル4~6と同じようにポコッという衝撃が伝わりますが、衝撃の大きさはほとんど変わりありません。

部位によっては痛みを感じることもありますが、慣れてくると大丈夫なレベルです。

レベル8になると脱毛効果を感じるのが早くなってきます。

痛みを感じるのはレベル9~10

レベル9~10になると脱毛サロンレベルの強さです。

早くて2回目の照射で効果を感じることもあります。

痛みは感じますが、よほどお肌が敏感な人でなければ我慢できないほどの強烈な痛みということはないと思います。

少し熱いな、と感じる程度でしっかり冷やしてから照射すれば大丈夫なレベルです。

ケノンの取扱説明書に記載されている「照射前後に10秒程度冷やす」ということをしっかり守っていれば、ほとんどの部位では我慢できないほどの痛みを感じることはなさそうです。

ケノンで部位別にみた照射レベルの目安

身体の部位によって毛の濃さや痛みの感じやすさも違ってくるので、ケノン照射レベルの目安も変わります。

次はケノンで部位別にみた照射レベルの目安を説明していきます。

顔脱毛の照射レベル目安

顔脱毛のおすすめ照射レベルの目安は9~10です。

顔は産毛が多く、効果が出るまでに回数が必要になる部位なので9~10の高めのレベルでの照射をおすすめします。

しかし、顔は皮膚が薄くデリケートなので注意が必要です。

人から見られやすい部位でもあるので赤みや肌トラブルを起こさないよう十分注意しましょう。

いきなり高いレベルでは照射せずに、レベル1から始めて痛みを確認しながら照射を行ってください。

VIO脱毛の照射レベル目安

VIO脱毛のおすすめ照射レベルの目安は7~8です。

VIOは痛みを感じやすい部位なので注意が必要です。

低いレベルでも痛みを感じる方もいるので、必ずレベル1から照射を始めてください。

最初は毛の量も多いので特に痛みを感じやすいです。

何度か脱毛をしていると、毛が薄くなり毛量も減ってくるので痛みもだんだんと少なくなってきます。

毎回、どのレベルなら大丈夫か確認することをおすすめします。

髭・口周り脱毛の照射レベル目安

髭・口周り脱毛のおすすめ照射レベルの目安は9~10です。

髭は毛が濃く痛みが強く出やすい部位ですが、効果が出るまでに時間がかかってしまうのでできるだけ高いレベルでの照射がおすすめです。

口周りの産毛も効果が出るまでに時間がかかる傾向があるので高いレベルの方が良いでしょう。

ワキ脱毛の照射レベル目安

ワキ脱毛のおすすめ照射レベルの目安は9~10です。

ワキは太く濃い毛が生えている部位なので痛みを感じやすくなります。

レベル1から、痛みを確認しながら慎重にレベルを上げていきましょう。

痛みが問題なければ、高いレベルの方が効果は出やすいためおすすめです。

ケノンで痛みを感じやすい部位・感じ難い部位

ここまでの説明で、ケノンでは部位によって照射レベルの目安が違うことがわかったと思います。

次はケノンで痛みを感じやすい部位・感じ難い部位についてまとめていきます。

痛みを感じやすい部位

ケノンで痛みを感じやすいのは以下の部位です。

ケノンで痛みを感じやすい部位
  • VIO
  • ワキ
  • 髭、顔

どの部位でも低いレベルから始めて痛みを確認する必要がありますが、痛みを感じやすい部位は特に注意が必要です。

レベル1から照射し、痛みを確認しながら慎重にレベルを上げていきましょう。

脱毛を繰り返していると毛が薄くなってくるため痛みも少なくなってきます。

痛みがあるようであれば最初は低いレベルで照射し、毛が薄くなってきたらレベルを上げるのもおすすめです。

できるだけ痛みが出ないようにするためには冷却も大切です。

照射前後は1部位につき10秒程度しっかり冷やしましょう。

痛みを感じ難い部位

ケノンで痛みを感じ難いのは以下の部位です。

ケノンで痛みを感じ難い部位
  • 腕、脚
  • うなじ、背中
  • 手足の甲、指

痛みを感じ難い部位だからと言って、いきなり高いレベルで照射すると肌トラブルを起こしてしまう可能性が高まります。

出典:エムテック公式

必ず低いレベルから照射を始めて、痛みを確認しながら徐々にレベルを上げていきましょう。

痛みを感じ難い部位は高いレベルで照射できる人が多いと思います。

高いレベルの方が脱毛効果も得やすいのでできるだけ高いレベルで照射することをおすすめします。

ケノンの肌色による照射レベルの目安

出典:エムテック公式

取扱説明書にも記載されているのですが、ケノンは肌色によって照射レベルを調節する必要があります。

ケノンが採用しているフラッシュ脱毛は黒い部分に反応するため、肌の色が濃いと火傷をしてしまう可能性があります。

そのため日焼けしていると使用できない場合もあるので注意しましょう。

どれくらいの日焼けなら使用しても大丈夫なのか基準は難しいですが、健康的な小麦肌程度であれば使用できるようです。

肌色が濃い部位には照射レベルを弱めに調節しましょう。

ケノンの照射レベルの目安まとめ

今回は、ケノンの照射レベルの目安や効果が出やすく痛みがないやり方について説明しました。

特に注意が必要なのは以下の部位です。

  • VIO、ワキ、髭など痛みを感じやすい部位
  • 肌色が濃い部位

効率良く脱毛するためには照射前後の冷却と照射レベルの調節が大切です。

部位や肌色で自分に合ったレベルを調節し、無理のない範囲で照射を行いましょう。