ミラブル正規代理店おすすめ10社を見る 

脱毛器ケノンで火傷?やけどしないための対策と安全な使い方!

ケノン火傷

この記事では、脱毛器ケノンで火傷をしないための対策と安全な使い方についてご説明します。

家庭でも簡単に脱毛することができる便利なケノンですが、使い方を間違えてしまうと火傷や肌トラブルを起こす可能性があるので注意が必要です。

ケノンで火傷をしないためにはどのような対策をすれば良いのか、安全な使い方について知りたい方はこの記事を参考にしてみてください。

すぐに購入したい方は公式ページをチェックしてくださいね!

28,200円引はこちら

最新のキャンペーンをチェックする!

ケノンは正しく使えば火傷はしない!

ケノン

ケノンは人気の家庭用脱毛器ですが「火傷をした」という人もいます。

これから購入しようか悩んでいる方や既に使用している方も不安に思っている方は多いのではないでしょうか。

ケノンは正しく使えば火傷をすることはほとんどありません。

火傷が心配な方は安全な使い方や、火傷してしまった場合の対処法を知っておくと良いでしょう。

ケノンで火傷しやすい部位

脇 脱毛

ケノンでは火傷しやすい部位があります。

ケノンは黒い色に光が反応するため、黒ずみが多いVIOラインや脇は火傷の可能性が高く注意が必要です。

色素沈着した部位に使用する場合は事前にしっかり冷却し、照射レベル1から始めるようにしましょう。

粘膜部分への直接照射はしてはいけません。

粘膜を傷める危険性があるので、白い布やシールで保護しましょう。

ケノンで火傷しないために気を付けること

ケノン

ケノンは正しく使えば火傷をすることはほとんどありませんが、間違った使い方をしてしまうと火傷をしてしまう可能性があります。

ケノンで火傷をしないために気をつけなければならないことは5点あります。

その5点について、これから説明していきます。

使用前・使用後は保冷剤で十分に冷やす

ケノンで火傷をしないための注意点1つ目は「使用前・使用後は保冷剤で十分に冷やす」ということです。

脱毛器は照射する際に高温になり火傷をしてしまう可能性があります。

保冷剤

火傷を防ぐために使用前にしっかりと保冷剤で冷却しましょう。

冷却時間は「1か所につき10秒」程度で大丈夫です。

しっかり冷やすことで火傷防止になり、痛みも感じにくくなります。

照射後は肌に熱がこもりやすくなっています。

使用後もしっかり冷やしてクールダウンさせてください。

保冷剤は使っていると柔らかくなってくるため、多めに用意することをおすすめします。

照射レベルを痛くないレベルから調整する

注意点2つ目は「照射レベルを痛くないレベルから調節する」ことです。

ケノンで火傷をしてしまう原因で非常に多いのが適切なレベルでの照射をしていないことです。

適切な照射レベルは人それぞれ違い、また、部位によっても異なります。

まずは照射レベルを1に設定し、テスト照射をしてみましょう。

ケノン

だんだんとレベルを上げていくと、熱を感じてきます。

温かさを感じる程度では問題ないですが、痛みが出てしまうレベルでは照射しないようにしてください。

痛みを我慢して照射すると、火傷をしてしまったり肌トラブルを起こしてしまったりする可能性があります。

より早く効果を実感するために高いレベルで照射したくなってしまうかもしれませんが、肌トラブルの原因にもなるので注意しましょう。

ホクロやシミなど色素が濃い部位への照射は注意!

注意点3つ目は「ホクロやシミなど色素が濃い部分への照射は注意する」ことです。

ケノンはフラッシュ脱毛という光を使った脱毛法です。

フラッシュは黒い色に吸収されるという特性があります。

そのためホクロやシミなど黒い色に反応し、火傷をしてしまう可能性があります。

ほくろ

ホクロやシミがある場合は、白色のシールや絆創膏で隠すようにしましょう。

シールや絆創膏が大きすぎるとムダ毛まで隠れてしまうことになるので、ホクロやシミがギリギリ隠れるような大きさのものがおすすめです。

白い無地のシールは100均でもお手軽に購入できますよ♪

事前に毛を処理しておく

注意点4つ目は「事前に毛を処理しておく」ことです。

処理をせずに伸びた毛に照射してしまった場合、光が伸びた毛に反応し、火傷をしてしまう可能性があります。

剃毛

必ず脱毛前日に毛の処理をして、毛の長さは1~2mm程度にしておくのが理想です。

しっかり処理したつもりでも、剃り残しがある場合もあります。

その場合も火傷の可能性があり危険なので、処理後や照射前には剃り残しがないかのチェックも忘れずにしましょう。

使用後は保湿クリームでケアする

注意点5つ目は「使用後は保湿クリームでケアする」ことです。

ケノンは熱で毛根を破壊するため照射後は乾燥しやすくなっています。

いつも以上に丁寧に保湿をしてください。

保湿クリーム

保湿することによって肌のバリア機能が正常に働き、熱や刺激に強い肌をつくることができるので、火傷のリスクを減らすことができます。

ケノン使用後はもちろんですが、普段から保湿はしっかりするようにしましょう。

ケノンで火傷をした人の3つの共通点

ケノンを使用して火傷をしてしまった人には3つの共通点があります。

その3つとは以下の通りです。

・使用前に保冷剤で冷やしていない

・照射レベルが強すぎた

・事前処理をしていなかった

気をつけなければならないことは沢山ありますが、特にこの3点には注意が必要です。

使用前に保冷剤で冷やしていない

火傷をしないためには使用前にしっかり保冷剤で冷やす必要があります。

冷やすのが面倒という方も多く、つい冷やすのを怠ってしまう方もいると思います。

また、冷やしていても冷却時間が短いということもあります。

冷却時間は「1か所につき10秒」程度です。

少し手間はかかってしまいますが、火傷をしないためにもしっかり守ってくださいね。

照射レベルが強すぎた

照射レベルが強すぎることも火傷の原因として多いです。

脱毛の効果を感じるために照射レベルを強くしたくなってしまう気持ちもあると思いますが、肌トラブルの原因にもなるので注意しましょう。

また、部位によって皮膚の厚さや肌の状態が異なるため、全て同じレベルで照射してしまうことはおすすめしません。

部位ごとに適切なレベルで照射することが大切です。

最初はレベル1から始めましょう。

徐々にレベルを上げていき、部位ごとの適切なレベルがわかれば、火傷する可能性はほとんどなくなると思います。

事前処理をしていなかった

脱毛前には毛の処理をしておく必要があります。

毛の処理をしていないと伸びた毛が焦げてしまい、焦げた毛によって火傷をしてしまう可能性があります。

しっかり処理しているつもりでも剃り残しは意外と多いです。

照射する前に1度剃り残しがないかのチェックをすることをおすすめします。

そうすることで事前処理をしていないことが原因の火傷は防ぐことができるでしょう。

万一、ケノンで火傷してしまった場合の対処法

万一、ケノンで火傷をしてしまったらどうすればいいのでしょうか。

まずは、通常の火傷の対処法と同じように保冷剤や水ですぐに冷やしてください。

火傷した部位は敏感になっているため、直接水をかけたり保冷剤を当てたりすると腫れてしまう場合もあります。

直接当てずに、火傷をした部分の周りを優しく冷やすようにしてください。

また、熱いお風呂やシャワーは避けるようにしましょう。

シャワーを浴びる際は温度を低めにしてください。

火傷が酷い場合は皮膚科を受診しましょう。

跡が残ってしまう可能性もあるので、病院へ行って薬をもらうことをおすすめします。

まとめ:ケノンは正しく使えば火傷しない!

ケノンはしっかり注意点を守り、正しく使用すれば火傷をすることはほとんどありません。

しかし、間違った使い方をすると火傷をする可能性があるので注意してください。

正しい使い方と、万一火傷をしてしまった場合の対処法を知っておくことで安心して使用することができると思います。

今回ご紹介した方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

28,200円引はこちら

最新のキャンペーンをチェックする!