時短・節約・便利グッズ情報まとめ 

【メリット尽くし】業務スーパーの冷凍野菜は安全?栄養価はあるの?

業務スーパー 冷凍野菜 安全

あいぽん
どうも。ゆるダイエットが日課のあいぽん(@aipon_m08)です。

時短料理に大活躍の冷凍野菜は、業務スーパーをはじめ、多くのお店で見かけますよね?

冷凍野菜と聞くと、つい「野菜は輸入ものだから、添加物が不安」、「一度冷凍しちゃったら栄養もなくなっちゃうんじゃないの?」と思われがち。

ですが、現在は安心かつ安全に食べられますし、栄養価も高くなっているんです!

 

今回は、そんな業務スーパーで取り扱っている冷凍野菜の栄養価やメリット、おすすめの冷凍野菜の種類などを詳しくご紹介していきます。

業務スーパーの冷凍野菜の安全性は?

冷凍野菜

冷凍野菜を購入する時は安全性が気になるポイント!

業務スーパーで販売されている冷凍野菜の安全性に問題がないものがほとんど♪

冷凍野菜は−18℃以下で冷凍され、長期間の保存が可能なため、保存料も使用されていません。

 

冷凍野菜の中には色が鮮やかなものも多いため、着色料が気になる方も多いかと思いますが、冷凍野菜は新鮮な状態で急速冷凍を行っているので、野菜の色合いも良い状態で冷凍されています。

ブロッコリー

また、国内生産の野菜を使用している冷凍野菜は、厚生労働省が定めている残留農薬の基準をクリアしています。

海外から輸入された野菜も「冷凍食品協会認定証」のマークがパッケージに記載されていれば、国内の基準をクリアしている証拠なので、安心して食べられますよ♪

業務スーパーの冷凍野菜の栄養価が高い理由

「業務スーパーで買える冷凍野菜って、生野菜と比べると栄養低そうなイメージ…」

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

 

現在は年中通して野菜が収穫できるようになってきていますが、それでもやはり、旬の時期の野菜が栄養価も高く、味も美味しいです。

旬の野菜

冷凍野菜は栄養価の高い旬の時期に収穫をして、冷凍しているので、栄養価もあまり下げず、食べることができるのです!

 

ちなみに、冷凍野菜は家庭でも作ることができますが、そちらは業務スーパーの冷凍野菜と比べると栄養価は低いといえるでしょう。

その理由は、業務スーパーで販売されている冷凍野菜は、「−40℃以下で急速冷凍」しているからです。

 

採れたての野菜を急速冷凍することで、栄養や色合い、味わいをそのまま閉じこめることができるんですね♪

業務スーパーの冷凍野菜の5つのメリット

業務スーパー 冷凍野菜

業務スーパーの冷凍野菜には主に5つのメリットがあります!どんな内容か、詳しく見ていきましょう!

①価格が安定している

生野菜は旬で価格が変動しますが、冷凍野菜は価格の変動がなく、価格を気にせず購入できます。

②時短料理ができる

業務スーパーの冷凍野菜はカットされているので、料理の手間が省けます!忙しい時にも便利です♪

③スーパーの生野菜より安い

スーパーの生野菜よりも、業務スーパーの冷凍野菜は安く、家計的に助かります。一方で栄養価は高いので、一石二鳥!

④賞味期限が長い

冷凍野菜は冷凍状態なので、長期間保存が可能!痛みやすい野菜でも、長く保存できるのは嬉しいですね。

⑤好きな分だけ使える

冷凍野菜はカットされているので、好きな量を好きな時に使えます。

冷凍野菜の栄養価を逃がさない調理方法

野菜 調理

ここまで冷凍野菜の安全性やメリットをご紹介しましたが、調理方法を間違えてしまうと、栄養価が一気になくなってしまうことも…!

せっかくの旬の野菜を美味しく食べるためにも、栄養価を逃さない調理方法も覚えておきましょう♪

 

冷凍野菜を料理に使用する時は、自然解凍をせずに凍った状態のままで使用するのがおすすめ

自然解凍をしてしまうと、野菜の水分と一緒に水溶性のミネラルやビタミンがなくなってしまいます。

さらに、自然解凍で水分を出してしまうと、その後調理しても食感が悪くなってしまいます。

おすすめは、冷凍状態のまま炒める、煮る、蒸す、といった調理を行うこと♪冷凍野菜は元々加熱処理が施されているので、加熱する際は短めの時間で行うのがポイントです。

業務スーパー冷凍野菜おすすめ10選

業務スーパーでは、栄養価も高くてリーズナブルな価格の冷凍野菜が多く販売されています。

ここからは、そんな数ある冷凍野菜の中でも特に人気が高くておすすめなものを10個ご紹介!

生の野菜は傷みやすい分、保存に気を遣いますが、冷凍タイプならそんな心配はありません。

使いたい時に使いたい量を使用できるので、気になる冷凍野菜がある場合は、ぜひ購入して冷凍庫に保管しておいてください♪

冷凍庫にあらかじめ冷凍野菜があれば、「なんか簡単なもの作りたいなあ」なんて時にもパッと作ることができますよ。

和洋食や中華料理にも活用できる、便利な冷凍野菜を早速ご紹介していきます!

①カットほうれん草

カットほうれん草

出典:業務スーパー 

生の状態だと痛みやすいほうれん草も、冷凍状態なら気にせず保存&時短料理に活用できて便利です!おひたしや和え物にしても美味しいですし、スープやサラダなど、幅広く活躍する人気の葉野菜です。

②洋風野菜ミックス

洋風 野菜ミックス

出典:業務スーパー 

業務スーパーで販売されている「洋風野菜ミックス」は、ニンジンやブロッコリー、カリフラワーなどが入っている人気商品。

すべて使いやすいサイズにカットされていて、使い勝手も抜群。チャーハンなどの炒め物や、煮込み料理、付け合わせにどうぞ♪

③ブロッコリー

ブロッコリー

出典:業務スーパー 

こちらは、ブランチングという短時間の加熱処理を施しています。煮物や和え物、天ぷらなどに使用する際は、凍ったまま使用してください。

他にもソテーやシチュー、サラダなどに使えます。コリっとした食感も楽しい、栄養価も高い野菜です。

④冷凍パプリカ

パプリカ 冷凍

出典:業務スーパー 

鮮やかな色が特徴のパプリカも、業務スーパーで取り扱っています。色味はもちろん、品質も良いものを厳選して、千切り、湯通ししてから急速冷凍されています。

色が綺麗なのでサラダに加えても映えますし、青椒肉絲やピザ、ドライカレーなどにもおすすめです。

⑤揚げなす乱切り

揚げなす乱切り 冷凍

出典:業務スーパー 

食べやすい大きさにカットされたなすを油で揚げています。

ひき肉を合わせて炒めても美味しいですし、お味噌汁に入れると味がグッと引き立ちます。温めて麺つゆをかけても美味しいですよ♪

⑥刻みたまねぎ

刻みたまねぎ 冷凍

出典:業務スーパー 

厳選したたまねぎを、産地で皮むき、カットした後に急速冷凍しています。

カレーなどを作る時はたまねぎを切るのがとにかく面倒ですが、そんな手間も短縮できるのでとてもおすすめです♪カレーはハンバーグ、オムレツ、スープなど、幅広く活用できます。

⑦かぼちゃ

かぼちゃ 冷凍

出典:業務スーパー 

煮物などでも使いやすいサイズにカットされたかぼちゃ♪種も取ってあるので、そのまま調理に使用できます。

細かく切ってサラダやスープに入れたり、コロッケ、パン、ケーキなどと混ぜても美味しいです。

⑧冷凍ニラ

冷凍ニラ 冷凍

出典:業務スーパー 

こちらのニラは約4㎝ごとにカットされています。

ちゃんとバラけるように冷凍されているので、使いたい分だけ調理に使うことができますよ♪

炒め物に使うのも良いですし、ラーメンや鍋料理の具材にも活用できます。

⑨芽キャベツ

芽キャベツ 冷凍

出典:業務スーパー 

ベルギーから直輸入した芽キャベツも、人気の冷凍野菜。

程よい苦みが爽やかで、天ぷらやパスタの具、すき焼き、漬物など和洋食問わず合わせやすい野菜です。

栄養価も高く、ビタミンCやカロテンを多く含んでいます。

⑩しいたけ(小)

しいたけ(小) 冷凍

出典:業務スーパー 

業務スーパーの冷凍しいたけは、様々な料理に使用しやすい小さなサイズのものも用意しています。

煮物やお味噌汁、天ぷら、炒め物など、バリエーション豊富に活用できるので、あるとかなり便利です!

まとめ

いかがでしたか?業務スーパーの冷凍野菜は、国内外どちらの素材を使用していても国の基準がしっかり設けられているので安心。

さらに、業務スーパーの冷凍野菜は価格も安いですし、時短料理にも向いています。

栄養価も高いですし、使いたい分だけを使って長期間保存もできるなど、まさにメリット尽くしとなっています。

今は使わなくても、あると時間がない時などに何かと便利な冷凍野菜。

ぜひ冷凍庫に空きがある方は、気になる冷凍野菜を購入してみてくださいね!

 

【口コミ・評判】オイシックスお試しセット レビューオイシックスお試しセットの口コミ・評判は?使ってわかったoisixの真実をレビュー