美容と健康

AIBLOでは美容・健康・暮らしに関わる
最新情報をお届けしています。

のむシリカは一日何本飲むのがベスト?一日の摂取量を徹底解説!

飲むシリカ 一日に飲む量

ステマ規制への対応。本コンテンツはABLOが独自に制作しており、メーカー等から商品提供や広告を受けることもありますが、コンテンツの内容やランキングの決定には一切関与していません。メーカー等の指示による表示部分にはPRを表記します。詳しくはコンテンツ制作・運営ポリシー・をご覧ください。景品表示法薬機法医療法の準拠も細心の注意を払ってまいります。

この記事ではのむシリカを1日に何本飲むのがベストなのか紹介しています。

1日に500ml飲むことで成人の方が必要なシリカの量を摂取することができます!

さらにのむシリカを摂取することで、健康的なカラダ作りをすることができます!

身体の健康のために飲み始めたい方はのむシリカ公式サイトをチェックしてみてくださいね!

のむシリカは1日1本飲むのがベスト!

1日に飲むべきシリカは何本でしょうか?

のむシリカは1日に500mlのペットボトルを1本飲むのがベストです。

1日に1本、のむシリカを飲むと1日に摂取すべきシリカを、摂取することができます!

のむシリカの1日に飲むおすすめの摂取量

のむシリカに含まれるシリカの量は、1リットルのペットボトルに97mgです。

このシリカ含有量は世界トップクラス※の含有量です!

シリカを含んでいる他の飲料水よりも、かなり多くのシリカを含んでいます。

成人の方は、半分の500mlのペットボトルを毎日摂取しましょう!

500mlののむシリカには約40mgのシリカが含有されており、成人の方が1日に必要なシリカを摂取できます。

2021年10月1日(株)Qvou調べ

カラダに必要な1日のシリカの量

成人の方が1日に消費するシリカの量は10~40mgと一般的に言われています。

そのため、1日にシリカを40mg以上摂取する必要があります!

シリカは髪、爪、肌等の体を構成する重要成分です。

シリカを十分に補うことで健康なカラダを作っていきましょう。

シリカ量は年齢とともに減少する!

体内にあるシリカの量は年齢を重ねるとともに減少していってしまいます!

そのため、シリカを飲料水やサプリメントから十分に摂取しましょう。

体内のシリカの量は、乳児のころと比べて30代で半分以下まで減少してしまうといわれています。

さらに、加齢とともにシリカの吸収率も下がってしまいます。

30代以上の方は意識的にシリカを多めに摂取することが大事ですよ。

シリカは体内で生成できない!

カラダに必要不可欠なシリカ。

しかし、体内で生成することができないのです!

そのため、食べ物や飲み物などの外部からシリカを摂取する必要があります。

麦やじゃがいもなどの食べ物にシリカは含まれていますが、のむシリカと比べるとシリカの含有量がかなり少ないです。

さらに食べ物からではシリカを吸収しにくいです。

そのため、サプリメントや飲料水からシリカを摂取するのがおすすめです。

のむシリカは水溶性シリカだから安全

のむシリカは霧島連山の大地のミネラルを含んでいる水溶性シリカで、安全です!

シリカには水溶性と不溶性があります。

不溶性シリカは溶岩マグマが冷えたときにできる岩石の成分です。

どんなに細かくしても不溶性シリカは腸から吸収することができません。

一方で水溶性シリカは体内に摂取すると腸から吸収することができます!

なぜなら、水溶性シリカは特殊な抽出法で安全に抽出された食用のシリカだからです。

まとめ:のむシリカは1日1本飲むのがベスト!

のむシリカは1日に500mlリットルを1本飲むのがベストです。

成人の方であれば1日に10~40mのシリカを消費しています。

1日に500mlののむシリカを摂取すれば、1日に必要なシリカの量を摂取できます。

のむシリカは、厳しい安全基準をクリアした水溶性シリカなので安心して飲むことができますよ。

適切な量のシリカを摂取すれば、健康や美容に大きな結果を期待できます!

健康や美容に困っている方や悩んでいる方はぜひのむシリカをチェックしてみてくださいね。

キャンペーンはこちら

500円分QOUカードがもらえる!