美容と健康

AIBLOでは美容・健康・暮らしに関わる
最新情報をお届けしています。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの違いを7項目で徹底比較!おすすめはどっち?

oh my teeth インビザライン 違い

ステマ規制への対応。本コンテンツはABLOが独自に制作しており、メーカー等から商品提供や広告を受けることもありますが、コンテンツの内容やランキングの決定には一切関与していません。メーカー等の指示による表示部分にはPRを表記します。詳しくはコンテンツ制作・運営ポリシー・をご覧ください。景品表示法薬機法医療法の準拠も細心の注意を払ってまいります。

この記事では、oh my teeth(オーマイティース) とインビザラインの違いを7項目で比較しています。

結論、値段を重視するならoh my teeth(オーマイティース)、実績を求めるならインビザラインがおすすめです。

ご自身がメリットデメリットを把握し、どちらの歯科矯正法に向いているか判断することで、よりご満足いただける治療法と、歯並びを手にいれることができるでしょう。

oh my teeth(オーマイティース) とインビザラインの違いを詳しく知りたい方はこの記事を、すぐに歯科矯正を始めたいかたは、早速カウンセリングを受けてください。

タップできる目次 非表示

  1. 格安歯列矯正ならoh my teeth、実績を求めるならインビザライン
  2. oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインスペック一覧比較
  3. oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインを7項目で比較
  4. oh my teeth(オーマイティース)をおすすめする人、インビザラインをおすすめする人
  5. oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの違いに関するよくある質問
  6. oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの比較まとめ
目次へ

格安歯列矯正ならoh my teeth、実績を求めるならインビザライン

oh my teeth インビザライン 違い

oh my teethの場合、プランが2種類あり、諸経費込みの価格が提示されています。

よって、破損によるマウスピース再製造などに別途費用がかかる以外はプラス料金は請求されません。

また、対象者は軽度〜中程度の患者を対象とするため、期間は短期間で、通常歯科矯正より、格安料金です。

一方、インビザラインは、頻繁ではありませんが、通院治療が必要となります。

6種のプランで、治療が細かく分かれ、重度患者も対象内です。

そのため、価格的にはoh my teeth より高くはなりますが、安定度や実績といった面を考えると、インビザラインがおすすめとなります。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインスペック一覧比較

oh my teethとインビザラインを比較 oh my teeth
(オーマイティース)
インビザライン
治療範囲部分~全体矯正部分~全体矯正
価格部分矯正:33万円
全体矯正:66万円
部分矯正:20~65万円
全体矯正:70~100万円
追加費用0円(矯正プラン料金に含まれるため)約3~5万円
リテーナー費用1.1万円約2~3万円
支払い方法クレジットカード・銀行振込・デンタルローン提携クリニックによって異なる
プラン種類・Basicプラン
・Proプラン
・インビザラインエクスプレス
・インビザラインライト
・インビザラインGo
・インビザラインモデレート
・インビザラインコンプレイヘンシブ
・インビザラインファースト
通院回数定期通院は基本不要1~3か月に1回程度
治療中のサポート方法チェックはLINE上で行う提携クリニックが行う
治療に必要な期間約3~6か月(プランによる)約3か月~3年(プランによる)
導入クリニック拠点東京、大阪日本全国
利用者数累計1万人以上世界で1400万人以上
テーマ比較表

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインを7項目で比較

oh my teeth インビザライン 違い

oh my teeth (オーマイティース)とインビザラインはマウスピースを使用する共通点はあるものの、治療費や、治療期間など、多くの点で違いが認められます。

前述の表で簡単に比較をさせていただきましたが、ここからはもう少し詳しく、oh my teeth とインビザラインの比較を7項目に分けてお伝えしたいと思います。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの価格を比較

oh my teethインビザライン
価格部分矯正:33万円
全体矯正:66万円
部分矯正:20~65万円
全体矯正:70~100万円
テーマ比較表

oh my teeth(オーマイティース) とインビザラインは、それぞれプランが分かれています。

そのプランによって価格も変わってきます。

oh my teeth は2プラン、インビザラインは6プランです。

双方部分矯正と全体と両方ありますが、oh my teeth は軽度〜中度の患者を対象とするため、価格は全体でも控えめになっています。

一方インビザラインは全体矯正で、抜歯などが必要な重度の患者も診療範囲のため、プランによっては、価格も通常矯正と同等レベルになる場合があります。

また、インビザラインの場合、通うクリニックによって希望プランがない場合があり、また相場価格も変わってくるので、よく確認しましょう。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの支払い方法を比較

oh my teethインビザライン
支払い方法クレジットカード・銀行振込・デンタルローン提携クリニックによって異なる
テーマ比較表

インビザラインは提携クリニックによって支払い方法が異なります。

デンタルローンができる矯正歯科もあるため、各提携クリニックのホームページを確認しましょう。

oh my teeth(オーマイティース) の支払い方法は一括払い(クレジットカード・銀行振込)と、分割払い(デンタルローン)があります。

分割の場合12・24・36など、お好きな回数を指定可能で、手数料は一律5パーセントとなります。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインのプラン種類を比較

oh my teethインビザライン
プラン種類・Basicプラン
・Proプラン
・インビザラインエクスプレス
・インビザラインライト
・インビザラインGo
・インビザラインモデレート
・インビザラインコンプレイヘンシブ
・インビザラインファースト
テーマ比較表

oh my teeth(オーマイティース) のプランは2種類のみのシンプルな治療になります。

部分矯正のBasicプランと、全体矯正のProプランです。

いづれも軽度から中度までの、抜歯などが必要のない患者がメインになります。

一方インビザラインの場合は、6プランに細かく分かれています

軽度の不正歯列の矯正から難症例、そして乳歯と永久歯が混在する子供の歯並びまで、幅広い対応力を誇っています。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの通院回数・サポートを比較

oh my teethインビザライン
通院回数・サポート定期通院は基本不要・チェックはLINE上で行う1~3か月に1回程度・提携クリニックが行う
テーマ比較表

oh my teeth(オーマイティース) は初回に提携クリニックにカウンセリングに行ったあとは、基本的にLINEでのチェックになり、通院は必要ありません。

進捗状況のチェックもLINE上に口腔内写真を送信してOK。

もし矯正中に不安なことが起きても、24時間LINEサポートが可能です。

一方インビザラインは提携クリニックや、利用するプラン、治療段階によって、通院回数が異なります

矯正開始当初は2週間ごと、その後は1〜3か月ごとの通院が目安です。

トラブルがあった場合は、提携クリニックがサポートしてくれますが、マウスピースの装着時間管理はユーザーの個々の意識に委ねられます。

矯正の成功には、自己管理が必要となるということです。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの治療期間を比較

oh my teethインビザライン
治療期間約3~6か月(プランによる)約3か月~3年(プランによる)
テーマ比較表

oh my teeth(オーマイティース) の治療期間は前歯だけだと3か月、その他奥歯を含めてだと6か月ほどかかります。

oh my teeth の治療期間が短いのは、治療対象者を軽度〜中程度に限っているからです。

インビザラインの場合は歯型データや歯の微調整などから治療期間はまちまちで、長いと数年ということになります。

インビザラインは歯形データをアメリカ本社に送ってからマウスピースが作成されるため、マウスピースを手にするまで時間がかかります。

もし無事手にしても、マウスピースがフィットしない場合は、再スキャン後にまたアメリカインビザライン社に送付、ということになります。

治療中は、難症例にも対応できるマウスピースだからこその、「歯並びは整っても噛み合わせの調整に時間がかかる」という話も聞きます。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの導入クリニック数を比較

oh my teethインビザライン
導入クリニック数東京、大阪を中心に約16クリニック日本全国
テーマ比較表

oh my teeth(オーマイティース) の導入クリニックは首都圏を中心として、現在16カ所ほどのようです。

今後導入クリニックが増えていくという話もあります。

一方のインビザライン導入クリニックは、日本全国となっています。

導入クリニックを探すため、例えば大きめの駅で検索すると、駅周辺を中心に沢山の導入クリニックを探すことができます。

クリニックを探すことに苦労しないでしょう。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザライン利用者数を比較

oh my teethインビザライン
利用者数累計1万人以上世界で1400万人以上
テーマ比較表

oh my teeth(オーマイティース) は2019年に誕生しました。

従来の歯科矯正の問題点である、通院や金額の高さを解決すべく、LINEを駆使した新しいタイプの歯科矯正システムです。

導入クリニックはまだ16ヶ所ですが、累計1万人以上が、この新形態歯科矯正を体験しています。

一方、インビザラインは1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社により、開発されました。

1999年にはアメリカで治療が開始され、日本は2006年から治療が開始されました。

現在世界中1400万以上のマウスピース矯正方法の治療実績を誇っています。

oh my teeth(オーマイティース)をおすすめする人、インビザラインをおすすめする人

oh my teeth インビザライン 違い

oh my teethとインビザラインは、共にマウスピース歯科矯正法を使用しています。

しかし、この2つには治療法や価格など、沢山の違いが見受けられます。

それぞれの違いを踏まえた上で、oh my teethとインビザラインがどんな人に合うのかを、まとめてみました。

oh my teeth(オーマイティース)をおすすめする人

  • 短期間で治療を終わらせたい人
  • 低価格で治療したい人
  • 歯並びの状態の悪さが軽度~中程度の人
  • 導入クリニックが近隣にある人

oh my teeth(オーマイティース)をおすすめする人は短期間で治療を終わらせたい、低価格で治療した人におすすめです。

ただし、歯並びの状態の悪さが軽度から中程度が対象となるため、一度WEB予約をして相談するようにしてください。

インビザラインをおすすめする人

  • 長期間の治療でも大丈夫な人
  • なるべく人に知られないように矯正したい人
  • 通院することが苦ではない人
  • マウスピースの管理を適切に出来る人

インビザラインをおすすめする人は長期間の治療でも問題ないと人や他人に知られないように歯科矯正をしたい人になります。

インビザラインは通院しながらの治療になるため、お住まいの近くに治療できるクリニックがあるかを確認するようにしてください。

oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの違いに関するよくある質問

oh my teeth インビザライン 違い

oh my teeth(オーマイティース) とインビザラインはマウスピース矯正という共通項はありますが、その他には

それぞれの良さや弱点など、違いも見受けられます。

以下ではoh my teeth(オーマイティース) とインビザラインの違いに関する、よくある質問にお答えしたいと思います。

インビザラインの弱点は何ですか?

インビザラインのマウスピースは簡単に着脱可能なため、やるべきことを怠けてしまうと、矯正効果がいつまでも現れません。そのため、徹底した自己管理が必要となります。具体的には毎日ほぼ24時間装着する・マウスピースをスケジュール通りに交換する・お手入れをしっかりする。などです。

oh My Teeth(オーマイティース)のリテーナーはいつまで装着する必要がありますか?

oh my teeth(オーマイティース) のリテーナーは一般的には矯正期間と同期間装着が推奨されています。
Basicプランなら3か月、Proプランなら6か月が相当です。

マウスピース矯正とインビザラインの違いは?

インビザラインと他マウスピース矯正の違いは、具体的なブランドや製造元によって、異なります。具体的には透明度・取り外しの可否・治療の範囲や難易度などで、それぞれが違う特徴を持っています。


oh my teeth(オーマイティース)とインビザラインの比較まとめ

oh my teeth インビザライン 違い

今回はoh my teeth(オーマイティース) とインビザラインの比較についてまとめてみました。

双方、マウスピースを使用しますが、oh my teeth(オーマイティース) は日本で誕生した格安で、通院不要の画期的な歯科矯正法です。

対して、インビザラインは歯科大国アメリカ発祥の、通院が必要とはいえ、すでに1400万人もの方が体験済の、実績のある歯科矯正法になります。

始まりからして異なる2つには、それぞれメリットデメリットも存在します。

どちらの歯科矯正法を選ぶかは、ご自身がより向いていると思われる方になるでしょう。

その際は、まずクリニックでしっかりカウンセリングをして、納得してから歯科矯正を始めてみることをおすすめします。