美容と健康

AIBLOでは美容・健康・暮らしに関わる
最新情報をお届けしています。

デンキバリブラシを使い続けるとどうなる?目のたるみやシワへの効果を検証

ステマ規制への対応。本コンテンツはABLOが独自に制作しており、メーカー等から商品提供や広告を受けることもありますが、コンテンツの内容やランキングの決定には一切関与していません。メーカー等の指示による表示部分にはPRを表記します。詳しくはコンテンツ制作・運営ポリシー・をご覧ください。景品表示法薬機法医療法の準拠も細心の注意を払ってまいります。

この記事では、デンキバリブラシを使い続けるとどうなるのか、目のたるみやシワへの効果を検証した結果をまとめています。

デンキバリブラシを使い続けると、たるみやほうれい線、シワ改善、肩こりやむくみ、肌ツヤが良くなるなどの効果が期待できます。

電気バリブラシを使えばフェイスラインに自信を持てるようになるだけでなく、全身ケアができるためスッキリした状態で過ごせてストレスからも解放されます!

デンキバリブラシの使い続ける事の効果について詳しく知りたい人はこの記事を、すぐにデンキバリブラシを使ってみたいという人は公式サイトをチェックしましょう。

電気バリブラシを使い続けると、肌や頭皮の悩み解消との声多数!

それではまず、デンキバリブラシを使い続けると、肌や頭皮の悩みが解消されたという声が多数あるのでお話していきます。

デンキバリブラシ多数の「点」を刺激し、効率性のある美と健康のめぐりケアを実現するという商品です。

使い続ける事でたるみ改善や顔のリフトアップ、シワ改善や肌つやが良くなるといった効果が期待できます。

それだけでなく頭皮環境の改善で抜け毛が減ったり白髪改善効果もあるという声が多くみられました。

年齢問わず効果を実感できているという口コミが多いようです。

デンキバリブラシを使い続けると得られるメリット

それでは次に、デンキバリブラシを使い続けるメリットについてお話します。

デンキバリブラシを使い続ける事のメリットは下記の5点です。

使い続けるメリット
  • たるみやほうれい線、しわへの効果
  • 抜け毛や白髪への効果
  • むくみへの効果
  • 肩こりへの効果
  • リフトアップ効果

それぞれ口コミと合わせて詳しく見ていきましょう。

たるみやほうれい線、しわへの効果

たるみやほうれい線に効果が見られるという口コミが多く見られました。

デンキバリブラシの低周波は、通常では届きにくい皮膚直下の浅い部分に細やかな刺激を与える事でたるみがちなフェイスラインにハリを与えてくれます。

即効性があり使用した直後はあきらかな変化が見られますが、持続力は低いので数時間で元に戻ってしまう事も。

使い続ける事で徐々に変化が表れるようなので継続して使用することが大事です。

抜け毛や白髪への効果

抜け毛や白髪への効果も明らかに実感しているという口コミです。

デンキバリブラシは育毛専用機器ではないので、抜け毛の効果は頭皮環境の改善によるものと思われます。

頭皮に使用することで、頭部の筋肉をほぐし血行促進を促しているそうです。

血行を促進することで毛髪に必要な栄養が行き届くようになり、抜け毛や白髪対策に効果が期待できるという事ですね。

口コミでは4カ月使用しての感想なので、やはり継続して使っていると実感しやすいのではないでしょうか。

むくみへの効果

顔のむくみがすっきりしてきたと効果を実感できている口コミです。

むくみは体の中に余分な水分が溜まっている状態を言います。

主な原因として血流不良があげられますが、デンキバリブラシで低周波刺激を与える事で血行促進を促し、むくみの改善に期待できるようです。

肩こりへの効果

デンキバリブラシは肩こりにも効果が期待できます。

継続して使用することで、血流がよくなり肩こりの原因である血行不良が改善されるようです。

デスクワークはもちろんスマホの操作が多い今、肩こりに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

日々のデンキバリブラシのマッサージで肩こりが改善されるのは嬉しいですね。

リフトアップ効果

頭皮と顔は、1 枚の皮で繋がっています。

頭と顔を含めた全体をデンキバリブラシで刺激することで肌にハリを与え、結果的にたるみがちな顔のリフトアップになるようです。

使用した直後はしっかりとリフトアップを実感できる人が多いというコメントが多く見られます。

しかし、やはり持続力がないので数時間でおそらく元に戻ってしまうでしょう。

それでも継続して使用していく事で効果が期待できます。

日々のお手入れにデンキバリブラシを取り入れることで、理想のフェイスラインになっていくのではないでしょうか。

デンキバリブラシを使い続けるときの注意点

それでは次に、デンキバリブラシを使い続けるときの注意点をお話します。

デンキバリブラシを使用するに当たって、いくつか注意点を守らなければいけません。

使い続ける時の注意点
  • メーカー推奨の使用時間を守る
  • ピリピリ刺激には専用ローション
  • お風呂では使わない
  • 本体を清潔に保つ

1つずつ詳しく説明していきます。

メーカー推奨の使用時間を守る

メーカーが推奨している使用時間は、フェイスアタッチメントで1回5分程度を1日最大2回までを目安と案内しています。

おなかや脚といったボディアタッチメントは1部位につき10分〜20分程度を目安に使用するようにしましょう。

あくまでも目安なので、肌の弱い人や刺激を感じる人は短めに使用するようにして無理のない範囲で使うようにした方がいいと取り扱い説明書に案内があります。

必ず使用前に取扱説明書を良く読んで、安全に使いたいですね。

ピリピリ刺激には専用ローション

デンキバリブラシを使用するにあたって、ピリピリと刺激がある、少し痛いといった意見を見る事があります。

もしピリピリとして刺激が気になるようであれば専用ローションを使ってデンキバリブラシを当ててみてください。

専用ローションは、デンキバリブラシの効果を最大限に引き出してくれる専用化粧水ミストです。

頭皮や体に専用ローションを吹きかけて使用するとピリピリした刺激をかなり抑えることができます。

水に濡らしても刺激を抑える事ができるようですが、専用ローションの時のような使用後の効果はないと思われます。

そして公式でも質疑応答で案内していますが、専用ローション以外の化粧水を使わない方が良いでしょう。

自前の化粧水は、デンキバリブラシを使用した後で使うようにした方が良さそうです。

お風呂では使わない

デンキバリブラシは防水仕様になっていません。

なのでお風呂に入りながら使う事はできないので注意してください。

水に濡らせばピリピリした刺激を減らせるし、何よりお風呂に入りながらお手入れできれば楽ですが、水に濡れると製品故障の原因となってしまう恐れがあります。

大切に使っていく為にも水に濡れないよう気を付けて使うようにしましょう。

本体を清潔に保つ

デンキバリブラシを使った後は、必ずエタノール消毒をして清潔に保つよう心がけましょう。

使った後そのままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

雑菌が繁殖している状態で使い続けると、肌や頭皮にトラブルが起きてしまう可能性も。

引用:公式取扱い説明書

お手入れ方法は取扱説明書にある通りにして、保管した方が良さそうです。

正しいお手入れをしていれば劣化を防げるので、長くデンキバリブラシを使えるようになりますよ。

デンキバリブラシを使い続けると40〜50代にも効果あり!

それでは次に、デンキバリブラシを使い続けると40代〜50代にも効果があるのかという事についてお話します。

デンキバリブラシは40代から50代でも効果を実感できるという口コミです。

年齢によるシワやたるみは色々原因がありますが、その原因の中に筋力の衰えがあるそうです。

デンキバリブラシの低周波は手では届きにくい皮膚直下の浅い部分に細やかな刺激を与えて筋肉をほぐしたり活性化させるので効果が期待できるのだと思われます。

継続してデンキバリブラシを使い続ける事で、筋肉に良い刺激を与え肌にハリつやが感じられるようになるのではないでしょうか。

周りから変化を指摘されるとより効果を実感できて嬉しいですよね。

デンキバリブラシを使い続けるか迷うならレンタルもあり

それでは次に、デンキバリブラシを使い続けるか迷う人へ、レンタルについてお話していきます。

デンキバリブラシを使ってみたいけど、金額的に購入するのは躊躇するという人も多いのではないでしょうか。

決して安い金額ではないので、もし自分に合わなかったらどうしようという不安もありますよね。

そのような悩みを持つ人も大丈夫です!

デンキバリブラシはレンタルすることもできます!

公式サイトからのレンタルは以下の4サービスが案内されていますよ!

公式案内のレンタルサービス
  • レンティオ(17,000円/月)
  • エアクロモール(20,790円/月)
  • kikito(19,800円~/月)
  • ゲオあれこれレンタル(12,800円~/14泊15日~)

それぞれサイトによってキャンペーンや月額制などありますので、自分に合ったサイトでレンタルしてみてはいかがでしょうか。

デンキバリブラシを使い続けるとどうなる?のよくある質問

それでは次に、デンキバリブラシを使い続けるとどうなるのかという事についてのよくある質問をQ&A形式でお答えしていきます。

購入やレンタルに迷っている人は参考にしてみてください。

デンキバリブラシは目のたるみにも使えますか?
目のたるみにも使えます。

目の周り、目の下のたるみの改善に期待できるようです。

ただし、まぶたには使用しないよう公式から注意喚起されているので気を付けてください。
電気バリブラシとヤーマンの違いは何ですか?
デンキバリブラシは顔や頭だけでなく全身に使えるようになっています。

対してヤーマンの美顔器はフェイシャル専用です。

ピンの本数もデンキバリブラシの方が多くなっているので、肌に触れる面積が広く全身のケアができるよう作られています。
肌に炎症がありますが、使ってもいいですか?
公式の取扱説明書では、医師に相談の上検討してくださいと案内があります。

肌の状態は日々変化するものです。

肌の状態が良くなったからといっても自分が気付かないうちに状態が悪くなってしまう事もあります。

肌に疾患や炎症、不安がある人は必ず医師に相談して、無理に使用しないようにしましょう。
使い続けることによる副作用はありますか?
デンキバリブラシは薬剤を使用するものではないので、副作用の心配はないでしょう。

しかし刺激を抑えるために使う専用ローションが肌に合わなかったり、肌が弱い・炎症している状態で使用すると何らかのトラブルが起こってしまう可能性はあります。

製品の取扱説明書をよく読み、不安な人は医師に相談の上使用するようにしましょう。
何年ぐらい使用できますか?
取扱説明書の注意事項をしっかり守り、メンテナンスをしていれば5年以上使用することができます。

電子機器なので、何年かで部品の交換は必要ですが部品交換も充実しているので心配いりません。

簡単には壊れず長く使えるようなので安心してください。

デンキバリブラシを使い続けるとどうなる?のまとめ

デンキバリブラシを使い続けるとどうなるのかについてまとめました。

即効性はあるものの、持続力はないのでデンキバリブラシの効果をしっかり実感するためには使い続ける事が大事です。

たるみ、シワの改善や頭皮環境が良くなったという口コミは使い続けている人が大半でした。

長く使い続ける事で効果が期待できるようです。

気になっている人はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。